Work Data Consultant

  1. ホーム
  2. Work Data Consultantの特徴

Work Data Consultantの特徴

 WorkDataConsultantは、次の3つの特徴を持った、働き方改革コンサルティングサービスです。

特徴その1 データ分析をします

特徴その2 効果測定をします

特徴その3 現場と法令に精通しています


特徴その1 データ分析をします

 「法律が変わって長時間労働対策をしなければならなくなった。労働時間を強制的に制限するだけでは仕事が回らなくなってしまう。どうしたらいいんだろう?」といった、労務管理や働き方の改革にかかわるお悩みはありませんか?働き方の改革を実際に社内で行おうとしたけどうまくいかなかった、といった経験をお持ちの方も少なくないと思います。「働き方をどう変えたらよいのかわからない」、「うまくいかなかった」のには理由があります。

データ分析を基にすればできる!

 「どうしたらいいかわからない」、あるいは「うまくいかなかった」のは、的確な判断を下すのに必要な情報を掴まないでいたことが原因です。
 必要なデータや情報を収集し、適切な分析が出来れば、自ずと必要なアクションなどが見え、的確な判断を下すことができます。長時間労働の削減に限らず、他の「働き方」に関する事項でも同様です。
 データ収集・分析を基にすれば、的確で効果的な「働き方」の改革を行うことができます!

「データ」は難しく考えないでOK!

 「データ」については難しく考える必要はありません。既に社内にある、例えば、勤怠管理データや売上などのデータを利用することができれば、かなり多くのことが分析できます。また、社内に存在しないデータで必要なものは、業務可視化シート(Work Data Consultantよりひな形を提供させていただくシートです)を利用したり、社内アンケート・ヒアリングを実施したりすることなどで収集・分析をすることができます。

【業務可視化シート】

まずデータの収集・分析から始めましょう!

 労務管理に関するどんな課題であっても、データや情報を収集し、分析することができます。
 Work Data Consultantは、まずデータや情報の収集・分析をし、現状を明らかにすることからコンサルティングを始めていきます。データ等の収集や分析に関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。


特徴その2 効果測定をします

 Work Data Consultantはコンサルティング内容に責任を持ちます。
 6カ月あるいは1年後(コンサルティング内容により異なります)などの時点で効果測定をし、次の事項を検証いたします(お客様がご不要と判断されたときは、行いません)。

1 労働法令の規定に適合しているか

2 目標とした効果が得られたか

3 統計的に効果があったと言えるか

効果測定 その1 労働法令の規定に適合しているか

 労働関連の法令は、労働基準法、育児介護休業法、高年齢者雇用安定法、障害者雇用安定法、労働者派遣法、労働契約法、パートタイム労働法など多岐にわたっています。これらの法令に適合した状態であるかどうかを検証します。

効果測定 その2 目標とした効果が得られたか

 コンサルティングの際に目標とした効果が得られたかどうかを検証します。例えば、長時間労働対策であれば、「時間外労働時間を10%削減する」といったような目標です。目標を達成できたかどうかを検証します。

効果測定 その3 統計的に効果があったと言えるか

 効果があったかどうかを、統計的に検証する(統計では「検定」といいます)ことができます。統計的にはどうであったかを、上記の1及び2とあわせて検証します。

 Work Data Consultantでは、6カ月あるいは1年後などに、以上の3点について、効果測定をさせていただきます。なお、コンサルティング内容には自信を持っていますが、万が一、効果測定の結果、再度のコンサルティングをさせていただく必要があると判断し、お客様のご了承が得られた場合には、再度のコンサルティングをさせていただくことがあります(もちろん、その際にはお客様に追加の費用は発生いたしません)。


特徴その3 現場と法令に精通しています

現場に精通しています

 Work Data Consultantは、社会保険労務士などの資格を持ち、日々、企業様のご相談をお受けしているコンサルタントが主となって運営しています。
 会社などの、実際の働く現場を知っています。実際の社内の状況に即し、ちゃんと運用するあるいは導入することのできる内容のコンサルティングをさせていただきます。
 実現できない理想論や机上の空論を申し上げることは致しません。 

法令に精通しています

 「労働」に関する法令は、不定期に改正されます。特に、派遣、有期契約、パートタイマーに関する法令や育児・介護の制度に関する法令は頻繁に改正されます。
 特に、2018年6月29日に成立した働き方改革関連法は、労働基準法などの大きな改正であり、今後、労働の現場に大きな影響があることが予想されています。
 Work Data Consultantは、常にそれら労働に関する法令の動向を掴んでいます。また、労働に関する法令の内容に精通しています。
 それら法令に適合した内容のコンサルティングをさせていただくことをお約束いたします。法改正を含め、法令順守の面からもご安心をいただけます。



 Work Data Consultantに関するお問い合わせは、下記の【お問い合わせ】よりお願いいたします(クリックすると、お問い合わせのページにジャンプします)。Work Data Consultantに関するご質問、ご不明点、法改正の情報のお問い合わせなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら!